IOS-007


007
の前に大変高価なIOS-00というとんでもないオイルをリリースしたことがあったが
回転性は史上最高であったが、回転ノイズもつきもので
その後継オイルとして、回転性はそのままに、回転の質感を高めて
IOS-00
よりお求めやすい価格に設定したのが007である
テストでは低精度の鉄製の大きなベアリングに塗布し回転テストを重ねて
どこまで粘度を下げたら異音が出るかのギリギリまで粘度を下げた
そもそも粘度を決めるのはベースオイルなので
ベースオイルも6種類のサンプルを入手し
添加剤はIOS-01で実績のあるものを流用し
雷魚のベイトリールからエリアトラウトは勿論、電動ワカサギリールのベアリングまで
述べ2年もの間フィールドテストを実施した
各地のイベントでもお客様のリールに塗布する機会もあったので
心当たりの方も多いと思う。他のIOSオイルとの相溶性に優れるので
途中塗布にも最適なオイルである。
粘度的にはIOS-01よりさらに1/3ほどの超低粘度オイルで用途はIOS-01よりさらに回転性が求められる
ベイトフィネスのスプール軸や、チヌのイカダ釣りリールの落とし込み用として、エリアトーナメントなどの
メインシャフト軸へ塗布すれば、低フリクション&高レスポンスがオールシーズン体感出来ると思う
通常ここまで低粘度になると、オイルというより灯油?ケロシン?等の低揮発性分が多く含まれるものになり
リールの構成パーツの樹脂やゴム類そして塗装を劣化させるリスクも多くなるが
限りなく高純度のオイルとし、それらのリスクを極力軽減。無揮発性特殊オイルならではの
最高の回転性能が体感出来るという、まさしく時代が求めているタイムリーなオイルである



  
 スポイト針よりの飛沫の度合いでいかに粘度が低いか判る
 IOS-01
はスポイト針が太いにもかかわらず、トロっとした出方をする



 
針は極細の医薬品メーカーのテルモ社製
まさしく必要量を必要なだけ塗布出来るPROユースならではである




 
淡水ではベイトフィネスや管理釣り場に使われるが
近年はアジングやメバリングにも使われる機会が多い
一度使ったらやみつきになる超低粘度オイルである
揮発成分が無いので、私の機械式時計のオーバーホールにも採用してもらった
風防ガラスが曇らず、オイルにじみも無い優れものである