IOSラインローラー・ダイレクト/インパクト」


ラインローラーを交換すると飛距離が伸びるというと
そんなバカなーと思われる人もいる
しかし、今更言うまでもなく愛用者なら誰でも飛距離と感度が向上することを体験できる
リール整備をやりこんでいくと、いかにラインローラーの機能が奥深く
そしてリールにとって大変重要なパーツであるか、身をもって知る
人によっては飛びすぎて、ルアーが対岸に届いてしまい、よく無くすほどのラインローラーは
ラインローラーの回転によりラインが整列よくスプールに巻き込まれるから
キャスト時にライン放出がスムースになり、ガイドの抜けが飛躍的に向上することで
結果飛距離が出るというのが飛距離が出る理由である。

さて、巻き感度がなぜ向上するのか?純正ではダメなのか?使えないのか?
前述のラインローラーが回転するとスプールに綺麗にラインが整列よく巻かれると説明した
ラインローラーが例えば全く回らないとするとどうなるか ?
ラインは整列が乱れて不安定なラインよれを生じたまま、スプールに巻き込まれる
よれたラインは放出の抵抗が著しく、結果飛距離が出ないだけでなく
最悪バックラッシュなどのトラブルに見舞われやすくなる
アングラーの唯一の振動の入力伝達経路としてラインがあり
ラインの振動がそのままラインローラーにダイレクトに伝わる
例えばクランクベイトなどのリップのウォブリングではリトリーブが軽くなったり
重くなったりをわずかなピッチで繰り返し
一般的に巻きの強弱はハンドルで感じる、これを巻き感度とも言う



さてラインローラーの回転は使用するルアーの負荷やリトリーブの負荷と
ラインローラーそもそもの回転性の良し悪しで大きく変わってしまう
ラインローラーが回っているかを確認する方法として
マジックでラインローラーに印をつけてゆっくりリトリーブをしてみると
ラインローラーが回っているか、回っていないかの確認が出来る
特にエリアやライトソルトなどのリールは
1g
前後のルアーを使用することも珍しくなく
当然ラインローラーの回転性能の向上が求められ
回らないと振動の劣化はもとより消失にもつながる
ちなみにIOSラインローラーは通常セッティングなら
水の中にラインを入れてスナップを装着しただけでもしっかりと回る

また、IOSのラインローラーは、回転性を向上させるのは勿論、ラインのよれをあえて利用し
スピニング特有のスパイラルにコイル状になって放出される度合いさえもコントロールしている
ガイドリングに対して理想のラインの進入角が存在し、飛距離向上につながっていく
それをコントロールするのはラインの進入角を考慮したラインローラーの形状
この開発はおよそ1年間ほぼ毎日、ラインローラーのプロトを作成し
ほとんどのイベントを断って開発に専念した、当然開発の小林も無収入に近く
これが成功しなかったら自社の会社をたたむ覚悟ですと
憔悴しきった彼に思い詰めたように言われた
ラインローラーの性能だけでなく、いかにもIOSらしさを盛り込めるか?
勿論-10度以上でも凍らないことも求められる
ゴールが見えない手探りの状況は過去のブログに綴られているが
私個人的にも、メーカーの純正ラインローラーとのパテントとの折り合いもあって
心身はもとより、会社経営的にもどん底まで落ちても、毎日、毎日譫言のようにラインローラーの形状しか
考えられない日々が続いた。文字通りIOS史上最高の危機であり絶対絶命とはこのことである
その後、メーカーに最終的なサンプルを送って
数ヶ月後に私の携帯にメーカーの担当からOKの電話が来た時は
高速を走っていたにも関わらず、一人で「ヨッシャ!」と歓声をあげたことを思い出す
その時に私は学んだ、「人がやらないことをやろうとしているのだから苦しいことは当然だ」
そして「わからないことはわからないのだからほっておく」ということを学んだ
そして「焦ってもどうせロクなアイデアは浮かばないのだから
閃くまで気長にほっておいたほうが良い」とも思った
この時の苦労があるから、今も相当な暗中模索が続いているが
「なんとかなるさ」と開き直れるのである